So-net無料ブログ作成

WOWなGallery

金沢倶楽部『月刊Clubism(クラビズム)』9月号(8/20発売)にガレリアポンテが紹介されています。私も昨年11月の個展風景をピックアップいただきました!
13962671_1096283510466710_8749418965805388379_n.jpg
コメント(1) 

カップ&ソーサー 新色

オーダーを受けた青色のカップ&ソーサーが出来上がりました。まさに夏真っ盛りの空の色。
RIMG0003_1.JPG
ソーサーは菓子皿として使っていただいても。
RIMG0038_1.JPG
コメント(1) 

笠間、瀬戸へ

出品中の笠間と瀬戸の美術館へどうしても!ということで、お盆休みを使い中日本をトライアングル走行してきました。金沢から笠間→東京→瀬戸→岐阜を二日で一気に移動。少しの渋滞はあったものの笠間には7時間弱で到着しました。
2年前に来た時は時間の都合で見られなかった笠間工芸の丘内の陶芸工房やショップに立ち寄り、
RIMG0125_1.jpg
石岡市から出張販売に来ていた高安桐工芸の秋田産桐まな板とコースターを購入しました。まな板は大きなものが欲しくて、コースターは自分の作品に合うものをずっと探していたので即決でした。好みの木目を選べて満足!
RIMG0025_1.JPG
茨城県陶芸美術館での展覧会「現代陶芸・案内」は夏休み期間とあって、子供たちも楽しめる工夫がなされていました。
RIMG0151_1.JPG
美術館所蔵の「呼吸するカタチ」。制作して10年経ちました。活かされているのが嬉しいです。
RIMG0158_1.JPG
この日、愛知に向かう高速道路沿いで空いていた宿は相模原の一軒だけ。直前まで調べ続け、何とか車中泊を免れました。夜はゆっくりベトナム料理を。タイ料理との違いがいまいち分からなかったけれど、塩分や辛さが控えめのよう。疲れた体に染みました。

翌日は曇っていたので、期待していた富士山は拝めず、ゆるゆる南下。
2つ目の目的地、瀬戸市美術館では母校の選抜展を鑑賞。懐かしい面々に思わず笑みが。展示風景は撮影許可が下りず、代わりに図録を貰いました。
RIMG0165_1.JPG
私の紹介ページ。こちらの作品を1点出品しています。
RIMG0014_1.JPG
ランチは美術館近くで見つけたマカロニカフェ&ベーカリーというお店で。前菜からデザートまでどれもとても美味しかったです。マルミツ陶器の直営店と料理教室も併設しており、Creavaプロジェクトの参考になりそう。
RIMG0175_1.JPG
瀬戸から岐阜に入り、お墓参りのあとは長良川の鵜飼いを見ながら夕涼みしました。
RIMG0251_1.JPG
RIMG0259_1.JPG
ラジオから聞こえる錦織君の熱戦に耳を傾けながらの帰路に気合いも入り、無事家に着いた頃ちょうどクライマックスの瞬間が。思わず声が出ました。
コメント(1) 

これからの展覧会

長い制作期間に入る予定でしたが・・。来年、上半期までの大まかな活動内容です。

2016年10月「竹村友里展」atelier & gallery creava (石川)
2017年1月 第2回「翔ぶ鳥」展 銀座一穂堂(東京)
2017年2月「金沢21世紀工芸祭」ワークショップ atelier & gallery creava (石川)
2017年3月「花の器展」文化のみち橦木館(愛知)

金沢21世紀工芸祭」は過去6年に渡って開催された金沢JC主催の「かなざわ燈涼会」他、諸団体が個別に開いていた工芸イベントを集結し、今年から文化庁のバックアップを受け金沢市主催で盛大に行われます。私は初めてワークショップを開催。皆様のご参加、お待ちしています。
コメント(1) 

富士山

富士山頂から残暑見舞いをいただきました。何とこの方、一合目から登ったのだそう。すごい。
RIMG0125_1.JPG
周りを見れば山登りを趣味にしている人が多く、しかも50〜60代だからその体力には驚かされます。
ちょっと重たい土を持って腰が痛いと言っている自分が情けない・・。
コメント(0) 

atelier & gallery creavaについて

新しいプロジェクトに参加しています。
新規にブログを立ち上げましたので、こちらも合わせてよろしくお願いします。
atelier & gallery creava
コメント(0) 

「現代陶芸・案内」ガイドブック

茨城県陶芸美術館より、現在開催中の展覧会「現代陶芸・案内」のガイドブックが届きました。
RIMG0119_1.JPG
現代陶芸の歴史がポップに解説されています。
コメント(0) 

暑い夏

名古屋から戻った翌々日に花火大会&BBQ。バーベキューという名目では経験のないくらい贅沢なお料理に至福のひと時。
RIMG0099_1.JPG
この翌朝、祖父の訃報によりまた名古屋へ。
コメント(1)